カラオケで良い声が出るための姿勢とは?80代男性のボーカルレッスン 大阪でボイストレーニング【ボーカル教室マーメイド岸和田】泉州南大阪

2021/01/18 レッスンレポート

「先生、今日座ってレッスン受けても良いかなぁ?」

 

昨日、レッスン初めにある生徒さんがおっしゃられました。

 

えっ、お身体具合悪いですか?それとも、レッスンきついですか??(;'∀') と、心配していると

 

「ちゃうねん、ちゃうねん。先生とこで、いつも立って練習してるけど、実際カラオケ行ったら、自分だけ立って歌うんは、ちょっとアレやん?座ったままで上手に歌う練習もして欲しいんや」

 

おっとーーーー!これは盲点でした!そうですよね!立てない環境もありますよね!

 

生徒さんからのこういったお声は、ほんとに私自身お勉強になりますし、私自身が気づいていなかったことも多いです。ですので皆さん、なんでも遠慮なくビシビシ言って下さいね(^^♪

 

そもそもなんで立って歌うのがいいの?

まず、そこからいきましょう。

 

①肺が広い状態にキープされる

座っていると、特に姿勢を悪く座っていると、上半身が丸まり、肺がぺしゃっとつぶれてしまっている状態です。この状態だと、空気の入る量が制限されて、声が出にくくなってしまいます。

 

②気道が真っ直ぐの状態になる

こちらも①と同様に、座って猫背になっていると、気道が湾曲し、息の流れがスムーズにいきません。

 

③下半身の支えを使える

特に高音を出す際、腹筋から下半身にグッと力を入れて支えを作ります。これが座っていると感じにくいですね。

 

ざっと、こんな利点があります。では、座って歌うときは・・・

 

上半身を立っている状態に近づけること!

 

こちらがポイントになります。

 

いかに立っているのに近い状態を作ることです!

 

そのためには、

 

①深く腰掛けないで、チョコンと座る!

 

②背筋をしっかり伸ばす!

 

③足をしっかり踏ん張る

 

まだまだ細かく言うとありますが、まずはこの点を注意しましょう(^^)/

 

また、座って歌うと、立っているときより呼吸は分かりやすくなる方が多いです。この、レッスンの方も、前より息が分かったわ(^^)/ と、おっしゃっておられました。

 

座って歌うためのレッスン、これからも行っていきたいと思います!

 

30分無料体験レッスン受付しております。

お問い合わせはコチラ ↓ ↓

090-3974-6938

info@singing-mermaid.com

ボーカル教室マーメイド

徳永美里

 

596-0015

大阪府岸和田市地蔵浜町11-1-33